原酒

並行複発酵ならではの高いアルコール度数が持ち味。

日本酒は通常、加水をして香味やアルコール度数を調整しますが、一切の水を加えないタイプを原酒といいます。

アルコール度数は20%前後もあり、しっかりとした深いテイストになります。

オンザロックにして薦められる日本酒でもあります。