本醸造

少量の醸造アルコールを、お酒の香味の調整のために添加したお酒です。

添加量は仕込み水に使われる白米の重量の10%以下、

精米歩合は、70%以下と規定されています。